目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 視力低下の原因とは?〜目を使わないため

視力低下の原因とは?〜目を使わないため

視力低下の原因を考えてみましょう。

現代は目を悪くする要因があふれているといわれています。たとえばパソコン、ゲーム機、携帯電話のメールなどなど。子どもはこれらに加え、塾通いがあったりします。

これらに没頭することによって、視力低下するのは、従来なら近くを見るから近視になるという見解が一般的でした。ところが同じパソコン作業やゲームに熱中して遊んでいる子どものなかには、まったく視力が低下しない人もいます。その差はなんでしょうか?

これはその人のもっている眼筋の強さと関係があります。
つまり眼筋が弱いと、眼球を抑えておくことができず、眼圧に負けて、眼球が前方に楕円状に変形してきます。これが軸性近視です。眼筋が弱いことが視力低下の原因と考えられるのです。

ところが外眼筋が強い子どもや大人は、眼球をしっかり固定しているので、眼球が伸びることはありません。こういった人は、パソコンやゲーム機以外に、たとえば外で元気よく遊んでいたり、スポーツにいそしんでいたりしているものです。

眼筋が強い人は、近くを長時間見ていても、目が疲れることはなく、視力低下もしないのです。近視にはならない、防波堤をもっていることになります。とはいってもパソコンは、人間が気づかないほど高速で点滅しているので、疲れ目はやはりあります。適度な休息は必要です。

視力低下の原因がおぼろげながらでも、理解できたでしょうか?

つまり近くを見続けるということは、毛様体筋は緊張したまま固定し、外眼筋も手もとの小範囲しか動かないわけですね。そのため目を酷使しているといっても、実は目の筋肉は運動不足になっているわけです。このため眼筋が弱体化していきます。

しかしスポーツなどで目を鍛える習慣がある人は、強い眼筋をもっていますから、長時間目の筋肉を固定していても、作業を終えれば、元の状態にすぐに復活するのです。目の強い筋肉があるために、眼精疲労を起こすこともありません。

こういった効果的な眼筋トレーニングの方法と秘訣は、川村博士の「ジニアスeye」という視力回復のマニュアルにすべて、初心者にもわかりやすく書かれています。

あなたもこのマニュアルを手にいれれば、わたしがここに書いた程度のことは、すぐに理解できるようになるでしょう。マニュアルを読んだ後、再度ここを読んでみてください。すんなり理解できることと思います。

近視の豆知識一覧