目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 運転免許更新と視力検査について〜0.7が必要!

運転免許更新と視力検査について〜0.7が必要!

運転免許更新と視力検査について解説します。

車の運転免許証の更新が近づくと、近視の人は憂鬱になるものです。メガネの矯正視力は通過できるだろうか?あるいは、裸眼視力はパスするだろうか?メガネやコンタクトレンズが必要になったら、いやだなぁ・・・・などなど。

運転免許更新に視力検査が欠かせないのは、もちろん安全運転のためです。しかし、昼間走っている分には、視力0.1程度でも十分運転できるような気がするものです。

ではどうして運転免許更新に視力検査が不可欠なのかというと、当然のことながら、人を顔をはっきり見るためではなく、標識の文字を見分けるためですね。それでも標識の字もけっこう大きいので、それほど視力は必要ないように思えます。

じつは車に乗ると、静止視力というよりも、動体視力や夜間視力が大切になります。そして動体視力は静止視力の半分程度に視力低下するといわれています。つまり視力検査で視力0.8の人は、動いている車の中からだと視力0.4程度に視力低下するというわけです。そのため、できるだけ高い静止視力が必要なわけですね。

夜間視力も同様のことがいえます。
周囲が暗くなると、昼間よりも視力は低下します。暗い中では、標識も遠くから見えませんね。これも静止視力の程度に比例するのです。事実、近視の人の夜間の運転は危険であるといわれています。

運転免許更新の視力検査では、両目で視力0.7がパスする条件です。しかしがちゃ目の人は要注意。視力0.1と視力1.0では、通過できません。両目とも最低でも視力0.3が必要だからです。これは不同視があると、遠近感などに支障があるためです。

運転免許更新の視力検査では、深視力の検査も行なわれます。これは3本の棒があり、中央の棒だけが移動します。そして3本の棒が一列になったときにボタンをおし、遠近感・立体感の試験をするのです。

もしこの深視力が低いと、車の車間距離もとれないことになるからです。

運転免許更新の視力検査になんとしても合格するには、眼鏡やコンタクトレンズの度を上げるか、視力回復トレーニングに励んで目を治すしかありません。

しかし視力矯正はべつとして、市販の3Dの立体視ができるマジカルアイなどの視力回復の本では、視力回復は期待できません。またピンホールメガネをかけたからといって、劇的に視力がアップするはずもないのです。

これはネット上で販売されている視力回復の機械や視力回復グッズでも同様です。それには、短期間で視力改善できる方法を実践するしかありません。

川村博士の考案した「ジニアスアイ」という視力回復訓練法は、あなたの目を鍛え、短期間で視力アップする力を秘めた方法です。視力回復の極意、秘訣といえます。たった14日間あれば、まちがいなく視力が回復していくのです。

近視の豆知識一覧