目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 視力アップの方法〜目の血行をよくし、筋肉を鍛える

視力アップの方法〜目の血行をよくし、筋肉を鍛える

視力アップの方法とは、近視や遠視、乱視などの屈折異常を改善するための方法全般をいいます。

視力アップの方法は大きく二つにわかれ、眼筋トレーニングと目の血行をよくする方法があります。

眼筋訓練については、「近視の訓練法」のページで詳しく解説しています。かんたんにいうと、目の筋肉を強化する眼筋トレーニングです。これによって弱った目の筋肉を強くして、どんどん視力を回復させていくことができます。

しかし目の血行をよくする方法は、近視の訓練法というよりも、仮性近視レベルの目を治し、また目の疲れを解消させるといったニュアンスです。

目の血行をよくするには、いろいろな手段があります。
たとえば目に蒸しタオルや手のひらを当てると、目が温められ、目の血行がよくなります。そうなると近視だけではなく、あらゆる目の病気にも有効です。とくに白内障の改善効果が知られていますね。

視力アップの方法で目の血行をよくするには、そのほか目の周辺の血流をよくしたり、超音波治療器ソニマックで振動をあたえたりといった方法があります。

これらの方法は、それだけでは強度近視の視力アップの方法とはなりえませんが、仮性近視や屈折性近視の場合は有効になる可能性があります。この段階では、まだ眼球の変形がなかったり、あったとしてもわずかだからです。

視力アップの方法の考え方として、なるべく目の疲れはその場で取り、疲れ目の状態をためこまない、ということがあります。つまりマイナス分をまずゼロの位置まで戻す必要があります。それでこそ視力をアップし、向上させていくことができます。つまり借金を返済することがまず第一です。

そのうえで眼筋トレーニングなどの視力回復トレーニングです。つまり目の血行をよくする方法と眼筋トレーニングは、それぞれ単独で行なうものではなく、併用するとよいのです。相乗効果によって、あなたの視力アップは加速していきます。

目の血行をよくする方法には、蒸しタオルや超音波治療器ソニマックやアイパワーのほかに、手軽にできるものとして目のツボ指圧があります。

視力回復のツボは、いったん覚えてしまえば、目を酷使した後にもむことによって、疲れ目をその場で解消することができます。これが眼精疲労を予防することになりますし、視力訓練、視力アップの方法を行なううえでの土台となります。

視力アップの方法は市販の視力回復の本や視力回復の機械でも少しは期待できますが、それでは不十分です。真に視力をアップさせる方法は、インターネット上にマニュアルという形で公開されています。

こういった視力のマニュアルを手にすれば、あなたは視力をアップさせる方法、しかも驚くべき手法を知ることになるでしょう。

目の筋肉を鍛える方法とは?一覧