目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 視力低下の予防法とは?〜目の血行をよくし筋肉をほぐす

視力低下の予防法とは?〜目の血行をよくし筋肉をほぐす

視力低下の予防法を解説します。

当サイトは「目を鍛える方法ドットコム」というタイトルですが、視力低下を防ぐ方法も大切です。

視力低下の予防法と、目の筋肉を鍛える方法は同時に行なえば、相乗効果によって、あなたの視力アップは加速されていきます。

また視力低下の予防法を実践する意義はそれだけではありません。視力低下を予防しようと努力することは、じつは眼病の予防にもなるのです。

近視の目は、多くの目の病気にかかりやすい傾向があります。つまり網膜が引き伸ばされているので、網膜剥離や正常眼圧緑内障、黄斑変性症などを発症する危険性があります。

もしこういった眼病が原因となって視力が低下すると、いくら目を鍛える方法に励んでも、効果がでなくなります。網膜に異常がでたり、水晶体がにごると、正しく屈折しても、明瞭な視力が出なくなるのです。

そのため視力低下の予防法は、近視の視力回復トレーニングを行なっていくうえで欠かせない防波堤となります。そのほかブルーベリーやルイテンなどの視力回復サプリメントの摂取も有効です。

さて視力低下の予防法は簡単で、まばたきと目のツボ指圧があります。まばたきは強く5回つぶると、目の血行を一瞬で改善することができます。

視力のツボを指圧すると、目の血行改善、眼病予防、疲れ目の解消、近視の視力回復にすべて有効です。目のツボは頭部に多く集まっており、とくに目のまわりに多いです。

たとえば眉毛のツボ、目の下のツボ、こめかみのツボ、後頭部のツボ・・・。手にも目にいいツボがあります。こうしたツボは、たいて骨のくぼみにあります。

目のツボの押し方のポイントは、強く押しすぎないこと、リラックスして押すこと、長くても5秒程度にして、小分けにして指圧することなどがあります。

目の近くの視力回復のツボは、強く押すと目に入って危険なので、その点注意して指圧することが大切です。ツボを押す強さの程度と、押す向き、押す時間が大切なポイントです。

結局、視力低下の予防法とは、テレビを見ない、パソコンをしないという消極的な対策では意味がありません。現実的ではないからです。

目はべつに酷使してもいいのです。
そのかわり目の疲れをその後取ればいいだけです。そのうえで眼筋トレーニングを積み重ねていけば、あなたの視力低下が予防できるだけではなく、視力も回復させることができるでしょう。

目の筋肉を鍛える方法とは?一覧