目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 視力回復訓練機とは?〜ソニマックやメガトレ、アイトレーナー

視力回復訓練機とは?〜ソニマックやメガトレ、アイトレーナー

視力回復訓練機が販売されていますね。

たとえば超音波治療器ソニマックやアイパワー、ミオピア、フタワソニック・・・。あるいは動体視力を鍛える視力回復機であるメガトレ、テレビを見ながら視力回復トレーニングを行なうアイトレーナー、そのほかビジョンブライトやスーパービジョンという視力回復器具もあります。

このように巷には、さまざまな視力回復訓練機があふれており、どれにしたらよいのか、迷ってしまうかもしれませんね。しかもこういった視力回復の機械は、店頭では販売されておらず、すべてがインターネットや雑誌の広告として売られています。

そのため、実際に使ってみるわけにもいかず、ネット上の口コミや評判を頼りにする以外ないというのが現状です。

視力回復訓練機のうち、もっとも信頼の置ける器具は、超音波治療器ソニマックでしょう。これは厚生労働省の認可を受けている唯一の視力の機械です。

ただし視力0.01というような強度の近視を視力回復させる力はもっていません。せいぜい仮性近視をやわらげるか、疲れ目を解消する程度と考えたほうがいいでしょう。

超音波治療器ソニマックやミオピアは、超音波つまり目に振動を与えるわけです。これによって目をマッサージし、目の血行をよくします。それによって毛様体筋の緊張、こりを解消するわけです。そのため仮性近視が改善される程度と考えられます。

そのほかの視力回復訓練機も、覗いた映像が遠くになったり近くになったり、ぼやけたり(雲霧法)して、毛様体筋を弛緩させることしかできません。そのため、やはり仮性近視が改善される程度でしょう。

近視・近眼の目というものは、眼球が楕円状に伸びている軸性近視であることがほとんどです。こういった変形した眼に対して、毛様体筋のトレーニングは、あまり意味がありません。

近視を視力回復するには、こういった視力回復訓練機ではなく、眼筋トレーニングを行なう必要があります。つまり目の周囲を取り巻いている外眼筋を強くする視力回復トレーニングの方法です。

近視になるのは、一説によると、外眼筋の運動不足によって筋肉が弱体化したことが原因です。そのため眼球内の眼圧に負けてしまい、目が前方に飛び出てくるのです。これが軸性近視。

この強度の近視を視力改善するには、眼筋を再訓練して、目を鍛える必要があります。そうすれば、眼筋が再度眼球を手前にひきつけて、眼球の形を元に戻す可能性があります。

川村博士の考案した視力回復トレーニングの方法は、この眼筋トレーニングの方法です。市販の視力回復の本には、けっして書かれていない視力回復の極意が記されています。ほんとうに視力回復したい人は、このマニュアルを参考にすることをおすすめします。

目の筋肉を鍛える方法とは?一覧