目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 近視の訓練法とは?〜眼筋トレーニングなどの方法

近視の訓練法とは?〜眼筋トレーニングなどの方法

近視の訓練法とは、つまり目の筋肉を鍛える方法であり、眼筋トレーニングといわれるものです。

目は意外かもしれませんが、多くの筋肉によって支えられています。動きを伴うものは、その裏には、当然のことながら筋肉の活躍があります。目の場合も例外ではありません。

ただ目は眼窩といって、頭蓋骨のくぼみの中に収まっている為に、目の筋肉をさわることもできませんし、確認もできません。ただ解剖学的な理由によって、目の筋肉があることを確認できるだけです。

光を調節する虹彩筋、遠近調節をする毛様体筋、眼球を動かす外眼筋があります。近視の訓練法として有効なのは、毛様体筋と外眼筋です。

近視というものは、一説によれば、眼筋を使わないために弱体化したものです。そのために遠近調節ができなくなったり、眼球の形がゆがんでくるわけですね。

そこで変形した眼球を元に戻すために、眼筋を再訓練することが近視の訓練法の目的です。

毛様体筋のトレーニングは、遠くと近くを交互に見比べます。これが毛様体筋の運動になるのです。仮性近視の場合は、この視力訓練によって、毛様体筋が活力を取り戻し、完治することがあります。

本物の近視である真性近視になると、そのほかに外眼筋トレーニングをしなければなりません。筋肉を鍛えるには、それなりの負荷を与える必要があります。ボディービルでも思いバーベルやダンベルを持ち上げますね。

しかし、まさか目で同様のことはできませんから、ではどのようにして近視の訓練をするのか?ということです。

たとえば足を強く鍛える場合、バーベルをかつぐバーベルスクワットがあります。これによって太くて筋肉隆々のたくましい大腿筋を作ることができます。しかし、短距離を全速力で走ることによっても、速筋を鍛えることができ、足は太く丈夫になります。

広いフィールド内を駆け回っているだけで、サッカー選手の足が太くなることからも、わかりますね。

つまり近視の訓練法では、目を速く動かすことによって、負荷を与えることができるのです。目標の何点かを視点移動させて、目を鍛えるトレーニングを行なっていきます。

そのほか近視の訓練法には、市販されている視力回復の本を参考にしてもいいでしょう。3Dの立体視ができるマジカルアイは、毛様体筋の訓練になります。

ピンホールメガネを装着すると、毛様体筋を休めることができますし、虹彩筋のトレーニングにもなります。

視力回復機や超音波治療器ソニマックを使用するという方法もありますが、あまり期待しないほうがいいでしょう。ソニマックは超音波を目に当てるもので、どちらかというと目の血行をよくする方法です。

近視の訓練法は、まだ知られていない方法がたくさんあります。たとえばインターネット上には、秘匿性の高い、有効な目を鍛える方法が存在しています。

こういった視力回復のマニュアルを読むと、独自の視点を得られ、目からうろこの体験ができます。目を効果的に鍛える、近視の訓練法を知ることができます。

目の筋肉を鍛える方法とは?一覧