目を鍛える方法ドットコム

目を鍛える方法には、眼筋トレーニングなど筋肉を鍛える方法があります。

サイトトップ > 眼筋を鍛える方法とは?〜目を速く動かす

眼筋を鍛える方法とは?〜目を速く動かす

眼筋を鍛える方法は、いたって簡単です。

しかし分かるまでは、少々難しいかもしれません。
体の筋肉を鍛える場合、あなたならどうしますか?腕立て伏せをする、スクワットをする、腹筋や背筋をトレーニングしますよね。つまり体の筋肉に普段経験する以上の負荷を与えるわけです。ダンベルやバーベルなどの器具を使ったトレーニング法でも同様の原理です。

これによって、筋肉は太くなり、たくましくなっていきます。

目の場合も、考え方は同じです。
近視の目は、眼筋を使わないために、弱体化していることが考えられます。そのために遠くにピントを合わせられないわけですね。では眼筋を訓練してやれば、ピント調節が復活するはずです。そのための訓練法が眼筋トレーニング。

でも目の場合はどのようにして鍛えたらよいのでしょうか?
目は重りを持つわけにもいきません。唯一水圧を掛けるという方法が考えられますが、眼圧に影響するため目に悪影響があるかもしれません。また現実的ではありません。

体の筋肉を強く、太くするには、重さという負荷を与える以外に、スピードをつけて動かすというものがあります。短距離走を繰り返し練習していると、足腰が鍛えられて太くなってきますよね。

目の場合でも一緒です。
遠くや近くを繰り返し見比べたり、目を速く動かすことによって、眼筋が鍛えられて、視力が回復していくのです。目は意外にも筋肉に支えられており、筋肉の塊といっても過言ではないのです。

眼筋を鍛える方法は、動体視力を鍛えるスポーツビジョンのイメージが浮かびます。これは視機能を鍛えることによって、スポーツのパフォーマンスが向上するというものですね。

しかし近視を回復させるための、眼筋を鍛える方法は、これとはやや違っています。スポーツビジョンにおける動体視力のトレーニングに似てはいます。

しかし、やりすぎは禁物です。
スポーツ関係者のどれくらいが、この事実に気づいているでしょうか?彼らは、スポーツで好成績を挙げることが目的なので、多少目に悪いことをしていても、スポーツの上達という目的に向かって進みます。

視力回復における眼筋を鍛える方法では、目をいたわりながら、眼筋を再訓練していきます。そのためオーバーワークすることなく、効果的に視力回復していけるのです。

こういった眼筋を鍛える方法は、市販の視力回復の本には記載されていません。ましてや3Dの立体視であるマジカルアイでは効果が薄すぎます。ピンホールメガネや超音波治療器ソニマック、あるいは高額な視力回復の機械で実現できるものではありません。

非常に秘匿性が高いのです。
でも、この事実を知っている人は存在しています。

インターネット上には、多くの近視・近眼の人の目を視力回復してきた専門家がいます。こういった人は、誰も知らない視力回復の秘訣・コツをマニュアルとしてまとめています。こういった視力マニュアルのみに、本当の眼筋を鍛える方法が凝縮されているという現状があります。

目の筋肉を鍛える方法とは?一覧